アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「動物」のブログ記事

みんなの「動物」ブログ

タイトル 日 時
雨に濡れ 形(かたち)成したる 蜘蛛の罠
雨に濡れ 形(かたち)成したる 蜘蛛の罠 今朝がた、雨が少し降ったんでしょうか、草木も水滴をつけています。梅もどきの実も色づいてきて、裏庭が華やいできました。 よくよく見ると、1pにも満たない小さな蜘蛛が巣をつくっていました。雨に濡れて糸がキラッと光るので、その形が見えたんです。 小さな蜘蛛は小さいなりの巣をつくっていて、なんともいじらしい。いっとき見つめていました。 子供のころ網を張るのや、獲物を糸でぐるぐる捲きにする様子を、感心しながらつぶさに観察したことを思いだしました。 クモは夜になると網を畳むそうです。えっ、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 18:12
空蝉に して眼光の 衰へず
空蝉に して眼光の 衰へず 胡瓜の葉裏に蝉の抜け殻がしがみついていました。しかし、抜け殻といっても大きな眼は鋭く、前足もがっしりとしています。 6年ほど地中で生息した幼虫は、地上に出て草や枝にすがり、早朝か、また夕方から夜半にかけて羽化します。これをまとっていた蝉はまだ、短い夏を鳴きとおしているのか、それとも命を全うしたのだろうか…。 蝉の抜け殻のことを「空蝉(うつせみ)」といいます。古く『万葉集』や『源氏物語』にもすでにその言葉が使われていました。昔の人は何の価値もない蝉の抜け殻に「空蝉」と名づけ、はかなさ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 20:24
この庭に 生れて夏蝶 ひた翔くる
この庭に 生れて夏蝶 ひた翔くる アゲハチョウの卵が我が家で孵化したのか、今年はよく見かけます。梅雨の晴れ間に、ツツジの蜜を吸うモンキアゲハ。脚でつかまりながら翅を羽ばたかせて蜜を吸っています。 蝶を見つけてから、カメラを取り出すので、シャッターチャンスに恵まれません。 モンキアゲハの翅は黒く、クロアゲハとよく似ていますが、後ろ翅に黄白色の紋があるのが特徴です。俳句で「蝶」というと春の季語になりますので、「夏型の蝶」は「夏蝶」と詠むようですが、夏の蝶はアゲハチョウなどの大きな蝶をいいます。また、梅雨の晴れ間に飛んでいる蝶を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/22 09:59
蛍バス 灯り落として 着きにけり
蛍バス 灯り落として 着きにけり 6月10日は、「ホタルまつりinやまだ」があるというので出かけました。巌神楽、よさこい見物の後、屋台や農産物の出店をのぞいて時間をつぶしましたが、なかなか日が暮れません。8時前になってようやく暗闇がせまってきてムード満点。たくさんの蛍が、「待ってました」とばかりに飛び交ってきました。 黄緑色の光をピカピカさせてここにも、そこにも飛んでるんです。写真は、うまく撮れませんでした。黄緑の光が蛍。ほんとにいっぱ〜いいたんです。見せられなくて残念で〜す。なのでちょっと露出を後調整しました。雰囲気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 22:12
白魚の 裸身となりて 泳ぎけり
白魚の 裸身となりて 泳ぎけり 昨日、小・中学校の同窓会が萩のホテルで開かれました。 13回目だそうで、40名あまりが集まり、盛大でした。 50年分ぶりの旧友や、初恋?の女と会えて、感激でした。 話がはずんで、2次会、3次会と続き、そろそろ寝ようかというこどで、2時にお開きとなりました。 そのとき、いただいたのが「しろうおのおどり食い」。 萩の松本川では今が、しろうお漁のシーズンです。 昔ながらの四つ手網を川底に沈め、白魚が入った(これは感じ)頃を見計らって網を上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 20:08

トップへ | みんなの「動物」ブログ

萩 句ッキング・スクール 動物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる