アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「四季−秋」のブログ記事

みんなの「四季−秋」ブログ

タイトル 日 時
おしろいの 色とりどりに 暮れゆけり
おしろいの 色とりどりに 暮れゆけり 白粉花(オシロイバナ)は、小さな朝顔をギュッとロト状にひっぱたような花をしています。夕方4時ごろから花を開くので、夕化粧とか英語でフォー・オクロックとも呼ばれています。暑い日中は咲かないので、しょんぼりとして見えます。 白粉花は、黒い5ミリくらいの実ができるのですが、その皮の中から白い白粉のような粉が出てくるので、この名前がついたそうです。 月下美人、夕顔、月見草など、夜に咲く花はその大方は白や黄色の花ですが、この白粉花は例外で、紅、白、黄、絞りと、暗がりに咲かせるのはもったいないほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/13 22:51
小さきは 小さく吹かれ 草の花
小さきは 小さく吹かれ 草の花 朝の散歩は農道を通ることが多いのですが、小さな花があちこちに咲いています。 もう秋がきたんだよと、ささやいているようでとっても気になります。 ということで、花の名前もわからないので、説明なしで写真をアップしていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/26 16:40
鶏頭花 のびればのびる ほど赤し
鶏頭花 のびればのびる ほど赤し 夏も終わり頃になると、鶏頭の花を見かけるようになりました。昔は田んぼの畔や道端によく咲いていましたが、この頃は園芸用として栽培されています。 私が子供のころは、ケイトウ(鶏頭)のことケイトといっていました。鶏頭と書くなんて知りませんでしたし、花の感触が毛糸のようだからケイトと呼ぶんだろうと思っていました。 鶏頭は、おんどり(雄鶏)の赤いトサカ(鶏冠)に似ているので名づけられたそうです。英語でも「cocks-comb」(鶏のとさか)というそうですが、燃えるようなこの赤い色のイメージは世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 22:55
暮れ残る 高砂百合の 白さかな
暮れ残る 高砂百合の 白さかな 夕方の散歩が日課ですが、暮れるのがずいぶんと早くなりなりました。崖や農道に、百合の花が暮れ残るように、ポッと咲いているのをあちこちで見かけます。 猛暑続きの8月も、ようよう終りに近づいてきたんですね。 最初はテッポウユリかと思ったのですが、タカサゴユリのようです。テッポウユリと違って、花びらの裏側に紫色の筋がありました。 タカサゴユリは、タイワンユリともいいます。高砂は台湾という意味で、台湾の各地に自生しているそうです。 最近は帰化して自然に咲いているタカサゴユリや、庭に植えてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 17:35
木を登り 朝顔藍を 深めをり
木を登り 朝顔藍を 深めをり 朝顔の花が木にからみついて咲いています。「朝顔のさまざま色を尽くすかな」(正岡子規)の句そのままに、いろんな色の花が次々咲いてくれ、夏の終わりまで、目を楽しませてくれます。 昔はどこの家でも朝顔を育てていましたが、近頃は、めっきり減りましたね。我が家でもサルビア、ペチュニア、インパチェイス、ベゴニアなど横文字のついた観賞用の花が花壇を占領しています。 ところで、旧暦の時代に決めた季語が、今の新暦では合わなくなっているものが多く見られます。 たとえば朝顔について言うと、朝、花が咲いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 23:18

トップへ | みんなの「四季−秋」ブログ

萩 句ッキング・スクール 四季−秋のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる