萩 句ッキング・スクール

アクセスカウンタ

zoom RSS 木を登り 朝顔藍を 深めをり

<<   作成日時 : 2008/08/02 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


朝顔の花が木にからみついて咲いています。「朝顔のさまざま色を尽くすかな」(正岡子規)の句そのままに、いろんな色の花が次々咲いてくれ、夏の終わりまで、目を楽しませてくれます。
昔はどこの家でも朝顔を育てていましたが、近頃は、めっきり減りましたね。我が家でもサルビア、ペチュニア、インパチェイス、ベゴニアなど横文字のついた観賞用の花が花壇を占領しています。
ところで、旧暦の時代に決めた季語が、今の新暦では合わなくなっているものが多く見られます。
たとえば朝顔について言うと、朝、花が咲いたときの清涼感が秋の気配を感じさせたということで秋の季語だったんですけど、現実には、今では朝顔の花は夏ですよね。東京入谷の鬼子母神境内で開かれる朝顔市だって、7月6日から8日までで、夏の風物詩になっています。
好物のスイカも、歳時記によると秋の季語で、以前は秋に多く出回っていたんだそうです。(萩のスイカといえば、相島の番屋は定評があります。)
私の使っている「ホトトギスの新歳時記」もそうですが、季語を時期に当てはめるのに、四季に分けるのなら分かりますが、月単位にまで細かく分けて決めつけては、ちょっと窮屈過ぎやしませんかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木を登り 朝顔藍を 深めをり 萩 句ッキング・スクール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる